あまりにも情報が載りすぎて分かりづらいホームページ

近年はどんな企業でも、インターネット上にホームページを持っていることが当たり前の時代になってきました。テレビのコマーシャルでも、「詳しくはWebで!」といったフレーズが多用されるようになり、「自社に興味を持ってもらうのはCMで、詳細についてはインターネットで確認してもらう」という流れがすっかり定番となっています。

ネットショップ « 澤乃井-小澤酒造株式会社(東京都青梅市)

このように現代社会は、各企業でインターネットホームページが存在することが当然の風潮となっていますが、実際にWebサイトを閲覧してみると、中にはあまり見せ方が上手とは言えないものも多く存在することに気が付きます。
例えば、自社の情報を発信したいという気概は分かるのですが、あまりにも情報が載りすぎて分かりづらいホームページとか、逆にシンプルなのは見やすくていいのですが、情報が少なすぎて何の為にわざわざWebサイトを作っているのか分からないような企業も確認することが出来ます。

仙台 ホームページ制作

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」と言うように、企業のホームページも「見やすさ」と「情報量」をセンス良くまとめることが必要とされます。これらをバランス良く、また閲覧順なども考慮してホームページを設計することで、自社サイトの閲覧数を上げ、結果として売上の向上につなげることが出来るのです。

サーバ製品 | Dell 日本

各企業のWebサイトの担当者は、同業他社などのページを良く観察し、取り入れられるところは取り入れ、逆に良くないと感じる作りを見つけたら、そのようには作らないように自社サイトの構成を常に確認していくことが求められています。